家族葬を考える人が増えている

昨今、家族葬のニーズが高くなってきています。

日本経済新聞の情報が更新されています。

これは、社会常識の変化や、費用面のメリットなどが、後押しをし家族だけで行う葬儀を考える人が増えています。

家族葬の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

そもそも家族葬とは、身内だけで故人とのお別れをするための儀式で、出席者の範囲をかなり限定することになります。
一般的な葬儀には、飲食接待費や葬儀一式費用、宗教者への謝礼がかかりますが、家族葬の場合には、飲食接待費などが必要なくなりますし、参列者への挨拶や対応なども不要ですから、精神的な負担も軽減することができます。



多くの人は、家族葬は費用を安く抑えることができると思っているかもしれませんが、葬儀社によっては、一般葬よりも高額になってしまう場合もありますから、費用を抑えたいのであれば、葬儀社選びが重要なポイントとなります。また、香典も少なくなりますから、費用負担が増えてしまうこともありますから、予算にあわせて決めていくことが大事です。

家族葬という言葉が一人歩きして、解釈が人それぞれ違うことで、思わぬトラブルが起こることがあります。


少子高齢化などから、必然的に葬儀の規模は小型化していますが、知らせるべき筋や関係先がある場合には、礼を逸しないように配慮することが大事です。

参列に制限を加えたり、故人の関係を無碍にした場合には、なぜ連絡をくれなかったのかと後から咎められる恐れもありますし、葬儀が終わってから後日、弔問に訪れてくる人もいますから、不義理は避けたいものです。


トラブルを回避するためにも、事前に親族や隣近所の理解を得ておくことが大事です。

社会の特徴紹介

近年、家族葬を選ぶ方が増えてきました。葬儀は故人とのお別れをするための大切な儀式ですが、遺族にとっては何かと慌ただしく、気を遣うことも多いもの。...

more

最新情報

最近は葬儀をあまり大げさにせず、身内だけでおこなうことも多いです。家族葬も最近はとても人気がありますが、メリットもあれば、デメリットもあるのでしっかり確認しておくことが大事です。...

more

知っておきたい常識

少子高齢化の日本。これからどんどん人口が少なくなるので、必然的に葬式も増えていくことになります。...

more

耳より情報

葬儀とは亡くなった人との別れを惜しみ、見送るための大切な儀式ですが、近年では縮小する傾向にあります。これは、家族だけで穏やかに見送りたいという意向を持つ人が増えていることや仕事関係の人付き合いや親戚、地域とのつながりが薄れていることも要因です。...

more